耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

スクラバーのスペースを確保する

たとえ工場が小さくても、小さい機械を導入するのであれば、スペースについて深く考える必要はないでしょう。しかし、スクラバーは規模によっては大きい物が必要になる事もあります。建物の中だけではなく、屋外にスクラバーを設置したり、地下、もしくは屋上を活用するなどして、スクラバーを取り入れている企業もあります。

狭いと感じる仕事場であっても、工夫する事で有効に活用できる事もあるかもしれませんね。事前に必要とするスペースの確認はしておきたいですね。仕事の効率を考えて便利だと思える場所にスクラバーを取り付ける様にしたいですね。スクラバーはどれほど頻繁ではありませんが、カートリッジの交換などを行う必要があります。

工業用で用いられている乾式スクラバーの解説

スクラバーについて解説すると、大気汚染を防止するための大型設備になります。一般的には、二酸化炭素の除去が対象に扱われますが、工業用に排出される酸性のガスや粉じんを防ぐ役目も果たしています。

スクラバーにはいくつかの種類がありますが、最も用いられているのが湿式洗浄型になります。水が洗浄液として使われており、設備内部でモノを燃焼させることによって、汚染物質のみを排出させる仕組みになっています。このタイプでは、塩酸に代表される酸性ガスに限らず、アンモニア等のアルカリ性ガスにも功を奏し、産業用として広く普及されています。

コンパクトなスクラバー

工場自体が広くないので、あまりスクラバーが大きい場合には設置する事ができないという事もあるあるでしょう。そんな時にはコンパクトなスクラバーを選ぶ事によって、問題なく設置できる事もあるでしょう。

コンパクトなスクラバーは、あらゆる場所に設置する事ができますので、自在性に優れているといえるでしょう。

大きなスクラバーとなってしまうと、移動させるという事が非常に難しくなる事もあります。スクラバーを設置する予定のスペースは、他の物を置いたりしないでしっかりと確保しておきましょう。特に飲食店など顧客が利用する施設の場合には、どうしても設置できる場所が限られてしまう事もあるでしょう。

スクラバーという装置に関して

スクラバーとは、地球環境や人体に悪影響を及ぼし得る有害ガスを無害なガスへと変換・洗浄する、排ガス洗浄装置のことを指します。このスクラバーは化学薬品を多く取り扱う向上や研究所などに設置されます。温式スクラバーなどの数々の種類が存在し、処理する有害ガスの種類や設置場所によって使い分けられています。

この大型の装置にはいくつかの特徴があります。例えば水による洗浄だけでなく、中和剤を使用した洗浄液によって、アルカリ性ガスや酸性ガスを無害なガスへと中和します。また特殊な有機溶剤ガスの洗浄にはステンレス製のものが使用されます。

スクラバーはどこで見ることができるのか?

スクラバーを直接見たことがあるという人はあまりいないと思います。もし一般の人が見たいと思ったとしても実物を見る事は非常に難しいかもしれません。なぜかというと一般の家庭にあるようなものではまずありませんし、ある所とすると飲食店や製造をメインにしている企業などになるためです。

そのためそういった飲食店や企業に勤めているような人でないとスクラバーの実物を見る事は難しいです。工場見学を行っているような企業ですともしかすると、見かけるようなこともあるかもしれませんが、どれがスクラバーなのか知らないかぎり遭遇率はかなり低いです。

製造工場の排ガス処理に広く活用されるスクラバー

近年、ますます叫ばれるようになった環境問題に対する取り組みや、分野やジャンルを超えて様々な場面で配慮されるようになりました。化学実験や工業製品の製造過程では、有害なガスや粒子が発生することも多く、大気汚染を防ぐためのスクラバーが幅広く利用されています。

排出ガスなどを洗浄して綺麗な空気へ戻すための装置であり、スクラバーは排ガス処理のために工場などへ備えられています。

湿式や乾式など、様々な種類のものに分かれる他、小型のものや軽量のものなど、設置環境に応じて取り扱いやすいように複数のタイプのスクラバーが存在しています。

スクラバーについての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ