耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

破砕機刃物について

破砕機には一軸方式と二軸方式、ハンマー方式などがあり、方式によって処理物の大きさが異なります。

一軸方式の対象物は廃プラスチック、木材、紙などで、細かく削り取って破砕します。
一軸破砕機では工具鋼の刃物が使われることが多くなっています。

二軸方式の対象物は廃プラスチック、木材、紙などでシュレッダーのようにハサミで切るように破砕します。
破砕後の大きさは刃の幅やフックの間隔によって決めることができます。

ハンマー方式の対象物は木材、コンクリート、ガラス、アスファルトなどでたたき割るように破砕します。

このように対象物に合わせて刃物の材質を選択します。
破砕機の刃物には特殊鋼が用いられており、超硬合金や合金工具鋼、機械構造用炭素鋼や機械構造用合金鋼、炭素工具鋼や高速度工具鋼などが使用されます。

破砕機刃物は、耐衝撃性と耐摩耗性が特に必要です。
構造用鋼は強くて粘りがあり、工具鋼は硬くて耐摩耗性があるのが特徴です。

破砕機刃物の種類

我々の身近で出る様々なゴミや不用品等を処分する上では、破砕機が活躍します。その破砕機には代表として一軸破砕機と二軸破砕機があり、それぞれでは用いられる破砕機刃物の種類が違っている特徴を見ることが出来ます。

その破砕機刃物は、一軸破砕機であればくし状タイプの固定刃と回転軸に取り付けられる丸いタイプの回転刃の二つに分けることが出来ます。

二軸破砕機は、二つの回転軸に取り付けるタイプの刃で調度忍者の手裏剣のような形状となっているタイプの破砕機刃物を二つ利用します。

共に処理対象物としては廃プラスチック、木材、紙、ダンボールを破砕する上で大活躍します。二軸破砕機は大まかに破砕するのに適しており、一軸破砕機は細かく破砕するのに適しております。

廃棄物等の破壊を目的とした破砕機

破砕機刃物は、廃棄物等の破壊を目的とした機械で、大型機械に部類されます。

破砕機刃物と言えど、回転刃を押しつけて削り取る一軸破砕機のようなものや、前処理として対象物をはさみの要領で粉砕する二軸破砕機などがあります。

これらの粉砕機には、それぞれ用途に応じた破砕機刃物が搭載されています。一軸破砕機では、ノコギリやナタに近い形態の刃が用いられており、側面に空いている穴は細かく粉砕した物を放出する役目をもっています。

対して二軸では、互いに内向きに回転する破砕機刃物を2つの軸に取り付ける形態をとります。さらに二軸では、刃の組み合わせや回転数などを、破砕する対象に応じて調整されています。

合金という特殊な鋼が使われる破砕機刃物の刃

2種類以上の金属元素から作られたものを合金と呼びます。

言葉の成り立ちから、なんとなくその意味は理解できるものの、そのもの自体にはなかなかなじみがないように感じます。しかし、そうした言葉が使われていないだけで、身の回りにはたくさんの合金が存在しているのです。包丁に使われる鋼もその一つです。

破砕機刃物の刃にも特殊な鋼が使われます。もともと、合金というのは強度を上げるためにつくられましたが、その後、それぞれの成分の特性を際立たせたり、と進化を遂げています。

破砕機刃物の刃もそうですが、それぞれ単体ではできないことが、合金のように混ざり合うことで可能になる力があるのです。

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ