耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

課題も多くある藻場再生

日本は周りが海に囲まれている島国です。昔から漁業も盛んで環境も豊かです。

その様な自然環境の元で生活するという事は、人々にとってはもちろん、動物にとっても住みやすい場所と言えるでしょう。本当に素晴らしい事ですね。

しかし、その環境をいかにして破壊してしまう事なく維持するかという事が課題と言えます。

沿岸部の地域というのはたくさんあり、その周辺地域の環境を守る事が求められています。昔から沿岸部の海の中の植物いわゆる藻場が減少するという事は発生していました。しかし、そのままで放置してしまうのではなくて藻場再生を行う活動がたくさんの人によって行われています。

藻場再生はサンゴほど繊細ではない様ですが、課題も多く残されています。

磯屋家などの藻場再生の方法

磯屋家を始めとした藻を作っている各藻場では、様々な方法によって藻場再生をおこなっています。それらはおもに藻場の生産力を向上させること、あるいは食圧の軽減などの種類に分類できます。

藻場再生の方法としては、施肥による藻への栄養補給が挙げられます。この方法では、藻場の付近で水揚げされた水産物のうち、売り物にはならない残滓を発酵処理させ海中に設置し、藻の栄養塩類の補給をおこないます。この方法は藻場のなかでもとりわけ昆布を生産している地域で使われています。日本では北海道地方の沿岸地域でよく見られる手法です。

藻場再生と磯焼け対策のデメリット

藻場再生と磯焼け対策には勿論海を綺麗にして魚を増やすという最大の利点があります。しかし実はいい面だけでなく、デメリットの部分もあります。

藻場再生と磯焼け対策を大々的に行おうとすると膨大な費用がかかってしまうということです。専用の機器を取り入れたり、専門家に常に見てもらったりと、やらなければならないことも多いですし、それに伴い様々な費用が発生します。

またこれらの藻場再生や磯焼け対策には即効性はなく、長時間かけてじっくりと行う必要があります。今すぐに始めたからといって、明日、1年以内に効果が目に見えるものではありません。

急速な対応が求められる藻場再生、磯焼け対策

地球温暖化による海水温の上昇で北極の氷が溶けたり、水に浸かってしまう島が出ていることはよく知られています。水生生物のすみかとなる藻場も海水環境が変化することで、減少しています。ワカメなどの海藻が死滅し岩が露になっている磯焼けが起こっているところも多数あります。藻場再生、磯焼け対策には化学肥料が不使用の腐植土やテトラポットを使用することがあります。

漁場を糧にする漁師もこれらの藻場再生や磯焼け対策の活動を地道に続けており、成功しているケースもあります。まだまだ世間に広められていない活動ですが、今後は社会全体で取り組んでいくべき課題です。

藻場再生は磯焼け対策も含めて時間がかかる

短時間で終わるなら、藻場再生は多くの場所で行えるようになり、実際にすぐに終わっていい状態が作られます。しかし磯焼け対策もなども含めると、相当な時間がかかってしまうことは間違いなく、すぐに完了するものではありません。長時間かけて、まずは環境の改善から狙うことになります。

今までとは違う状態にすることで、藻場再生が図りやすくすることが必要で、磯焼けなどの駄目なものは早々に改善する必要があるからです。そのための手法を使う時にかなりの時間がかかり、実際に再生するまでには多くの時間をかけて、ゆっくり実現させることとなります。

藻場再生と磯焼け対策について

水産生物が餌を確保し、産卵や育成を促すための大切な場所として藻場や干潟などがあります。磯焼けの様な環境問題が各地の沿岸では広がっており、水産資源の安定保のためにも藻場再生や磯焼け対策といった環境改善が求められています。

環境問題の原因はサンゴモや海流の変化などといった原因が考えられ、解決までの道のりも遠いのが現実です。しかし、藻場再生や磯焼け対策といった人工的に手を加えることで環境の改善が促されています。

藻場再生のために、定期的にブロックの表面を掃除したり、テトラポッドなどの人工的なブロックを定期的に沈めたりしながら、磯焼け対策のための取り組みが進められています。

酸性土壌の緑化と藻場再生についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ