耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

事故なく公園施設で遊ぶために

時には命に関わる様な事や、または大けがをする様な事があっては、保護者は子供を安心して公園施設で遊ばせる事はできません。安全について気になっている保護者も多いみたいですね。

危険というのは公園施設だけではなくて、周辺の砂も大事です。

周辺の砂には割れたガラスや先端が鋭利な物があれば、非常に危険です。
こけた時になどには、怪我の恐れもありますので、ボランティアの人などが定期的に掃除を行うなどして、危険な物は除去したりする事もあります。

他にもゴミ箱がない場合などには、その辺にゴミを捨てる人が出てきたりする事も考えられます。

遊ぶのであれば、できるだけゴミや危険性の高い物がない場所がいいですね。

人々の意見と公園施設

遊んでいる最中に、指を切断したり、または骨折をするなどという怪我をした場合には、公園施設が撤去される事もあります。大人にとっては、馴染みのある公園施設の中にも撤去された物もあり、今では見かけない物もあります。

しかし、それに対してはいろんな意見があります。一度でも、将来に影響する様な大きな怪我をした物に関しては、すぐに撤去したという意見もあります。

また、その一方で、あまりに危険な物は撤去した方がいいが、公園というのは少しの怪我は仕方ない事もあり、子供が遊べる物を簡単に撤去してしまうというのもどうか、という意見もあるみたいです。この件に関して、皆さんはどの様にお考えでしょうか。

公園施設にも規定があります

公園施設なら誰もが何をやって遊んでもいいと思っていないでしょうか?そうではありません。公園施設にもきちんと規定が存在するのです。例えば、バーベキューや花火、スケボーでの走行、自転車の乗り入れなど公園によって様々ではありますが、やってはいけないことがある場合があります。

その場合、各公園の規定は入口にある看板などに記されていますのでよく読んで利用することが大切です。また、書かれていないことでも他に公園を利用している人の迷惑なことにや、近所に迷惑になるようなことはしないようにした方がいいですね。誰もが気持ちよく公園を利用できるようにしましょう。

当該他の何が公園施設と定められているのか

公園施設とは、都市公園法によれば、公園に存在する園内の道路や広場、植え込みや花壇、噴水などが該当します。また、当該他にブランコや砂場、滑り台などの遊戯施設や、野球場やプールなどの運動競技用の施設も含まれます。

他には、植物園や動物園など教養関連の施設や売店やお手洗いや駐車場などの便益上必要となる施設も規定されています。それ以外にも、柵や門など管理上必要とされるものも公園施設となります。公園の役割を果たす上で必要と政令で定められるものに関しては、すべて公園施設と規定されるものになり、かなり幅広い範囲で規定されていることがわかります。

公園施設でも正しく法律を守ろう

公園施設は自由に使える市民のスペースです。憩いの場でもあり、そこでラジオ体操をしたり、太極拳で運動をする高齢者の姿も見られます。また子供たちやママ友同士の交流の場でもあります。子供たちは社会経験を積み、ママ友は公園施設で井戸端会議をする事で地域の情報収集に努められます。

ただ、市民に開かれたフリースペースとはいえ、公園の中は無法地帯ではありません。きちんと地域や国の法律に従う必要があり、禁則事項をすれば罰せられる恐れが高いです。公園には禁則事項を明記した看板があります。無許可での営業や勧誘行為、花火や危険なスポーツやその他近隣住民の迷惑に繋がる行為をすれば、その行為は立派な法律違反となります。

公園管理者が目指すべき公園施設の管理とは

現代においても、地域の様々な年代の人が公園を利用しています。そういった身近な公園施設は、公園をきれいで快適に保つために努力している公園管理者のおかげで成り立っているのです。公園をよりよく保つにあたって、安全性の確保が重要です。

多くの公園施設は屋外にありますので、季節の変化の大きい日本では温度や湿度の影響を受けやすいです。そのため、経年によって劣化や破損が起こることもしばしばあるのです。

実際に公園施設が破損してしまうと、子供が遊ぶときの危険性が非常に大きくなってしまい、安全性をひどく損なうこともあります。よい公園管理者になるためには、日ごろから公園の設備を点検し、いち早く施設の異変に気付けるようにすることが大切です。

修理も行われている公園施設にある遊具

いつ訪れても、常に遊べる状態が整えられている公園施設にある遊具ですが、これは当たり前の事ではなくて、影で子供が安全に楽しめる様に支えている人がいます。

公園施設にある遊具は、何も手が加えられていない様に見える事もありますが、点検や修理が行われています。また、公園施設にある遊具の中には金属の物もあり、錆が発生すると脆くなる事もあるので、ペンキが塗られたりする事もあります。

公園施設にある遊具は見えない所で、管理を行っている人がいます。公園施設にある遊具は、場合によっては何十年も管理によって同じ物が使われている事もあります。そして、いつも変わらず、子供たちを楽しませてくれます。

公園施設についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ