耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

社内における散気管の用途

ここで、一度社内における散気管の用途について考えてみたいと思います。工場などであれば、そこで出される排水を処理する必要があります。また、社内に食堂があればそこでも排水が出される事になります。一つの会社においても散気管の用途は複数あります。

大手企業などであれば、社内だけでも散気管の用途は複数ある場合も考えられます。働いている社員にとって散気管の用途について意識する機会はあまりないと思いますが、散気管の用途がいろいろあり、知らない間に多いに助かっているという事もあると思います。

また、環境の中でも大切な水を大事に使う事ができるでしょう。ぜひ、地球全体の事についても考えたいですね。

散気管と汚泥の削減との関係

散気管は汚れた水をきれいにするために役立つとして知られています。水質を浄化するため、排水による汚泥を除去するコストを大幅に下げることが期待されます。

このような散気管を設置すると言う事は、環境に対して前向きに対応していると言うことを対外的に示すことにも大きくつながり、企業イメージを良い方向に進めていくのにも役立ちます。そもそも汚泥を除去するためのコストと言うものも無視することのできない金額になるケースが多いため、最終的なコストを削減するために役立つ仕組みを持っている部品であるという特徴もあります。

ポリ塩化ビニールでできたホースフレックスという散気管

散気管とはディフューザーとも呼ばれているものであり、水槽内に空気を送り込む機能を有しています。この散気管にはいくつかの種類が存在していますが、そのなかにはホースフレックスという製品があります。

このホースフレックスとは他の器具よりも比較的安価で販売されており、交換費用を安く抑えることができるように配慮されています。製造している会社によっては表面の器具を交換するだけで良いものもあり、それによってさらに費用を抑えることができます。素材には俗に塩ビ管と呼ばれている、ポリ塩化ビニールを使用しており、長さを自由に調節できるようになっています。

散気管の取付口径について

散気管は、散気装置・ディフューザーと呼ばれる圧縮空気を水中に放出するさいの管になります。散気管の場合には円筒の形をしていますが、板状のものは散気板とも呼ばれます。主な用途は水中で気泡を起こすことで水中内に酸素を供給するというもので、プランクトンや魚などの活動を活性化させるものです。

散気管の取付口径は規格化されており、一般的に使われるものは13Aと20Aが使われます。一方でより大規模なものになると取付口径も拡大し、25Aと32Aが使用されています。また取付けの後継だけでなく、選ぶさいに空気を送り出す穴である空孔経に留意する必要があります。

散気管と電気消費量との関係

散気管とは、圧縮した空気を気泡にする散気装置の一部分の事を指し、主に有機排水の処理に用いられています。電力は主として、処理を行う際に有機物を分解する微生物を生かすための酸素を供給する、曝気ブロワーに消費されています。

この電力消費量を削減する上で重要な役割を果たすとされているのが散気管です。菅のなかには、とても細かい気泡を発生させることで水中の酸素含有量を増やすことができるものがあり、ブロワーを使わずに酸素を供給できる方法として注目を集めています。効率の良い菅を使うことは、電気消費量の大幅な削減に繋がるのです。

ポリ塩化のビニールでできた散気管について

散気管は、ディフューザーとも呼ばれる物であり、水槽の中に空気を送る機能があります。

この散気管についてはさまざまな種類がありますが、その中でもホースフレックスという製品が存在します。このホースフレックスという物は他の器具に比べて比較的安価で販売されていて、交換の費用を従来よりも安く抑える事が可能になりました。

散気管を製造しているメーカーによっては、表面上の器具を交換するのみで良い物もあって、それにより更に費用を抑えていく事が挙げられます。素材は塩ビ管と呼ばれていて、ポリ塩化のビニールを使っていて、長さなどを自由に調整可能にしています。

散気管についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ