耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

様々なものを圧縮する減容機

減容機は様々なものを、圧縮してくれます。

廃プラスチックの減容化には、圧縮して減容する方法と、加熱して溶かして固める方法の二つにわけられます。溶かして固める場合は、金属等が混ざらないようにしないといけませんが、大きい効果が得られます。

RPFの作業工程で、分別された原料を圧縮などして、高密度に減容します。
企業によって、特徴や性能はさまざまですのです。

減容機は、工場や百貨店、リサイクルセンター、廃棄物中間処理施設、物流センターなどで利用されています。

減容機(減容圧縮成形機)とは

紙や木くずはもちろん廃プラスチックなどの廃棄物を減容機を使い圧縮減容することができ、廃棄処理コストを削減することができます。

減容機で産業廃棄物を固形化し、製造したRPF固形燃料プラントはボイラー燃料や高炉還元材として使用することもできます。

ゴミ対策の一つに減容機

日本は終戦後の復興、経済成長を経て、バブルがはじけるまで、右肩上がりであることがあたりまえと考えられてきたように思います。また、それと同時に生み出されるゴミ問題に関しては経済成長と引き換えに、後回しにされてきました。

しかし、自然に戻らないごみのように、廃プラなどのゴミに関しては、いかに小さくまとめるかという課題もあります。そうした対策の一つに減容機があります。

減容機のプラスチック処理方法について

減容機はとはプラスチックの処理するための機器の一つで、容積を小さくするためのものです。つまり、小さくする機会だと考えればよいでしょう。

減容機は大きく分けると二つがあります。一つは圧縮する方法です。圧力をかけてプラスチックを小さくします。

もう一つは溶かす方法があります。一旦溶かしてもう一度固めるという方法が取られるのです。

一度溶かすほうが小さくすることができるのですが、溶かすためには不純物の混入を避けなければなりません。

圧縮する方法ではあまり小さくすることはできないのですが、異物が混入しても問題はないのです。

エコにつながる減容機

地球の資源が限り少なくなってきている現代では、エコ意識がかなり高まってきています。

古着や古本などのリサイクルショップを活用したり、フリーマーケットを行うこともエコにつながります。

工場や企業が大量に排出するごみを減容機でRPFなどの新しい原料や資源にすることもエコになります。

エコはたった一人だけが意識するだけでは何も変わりませんが、一人一人の意識が少しづつ束になって変われば大きく影響するでしょう。少しの積み重ねが大事です。

自分に直接的に影響がなくても、自分たちの子どもに影響があるかもしれません。
将来のためにも少しづつ取り組んでいきましょう。

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ