耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

水処理対策は散気管

水処理対策をどうしようかと悩んでいる企業は、ぜひ散気管の設置をおすすめします。散気管は工場などから発生する大量の排水に対応します。散気管を設置するという事は衛生管理の徹底にもつながりますし、ニオイに悩まされる事もないかもしれません。

ニオイの原因が排水であるなら散気管の設置で解決できる事でしょう。また、散気管を使って清潔な環境を整える事で、害虫の被害も減らす事ができるかもしれませんね。

排水は排水の処理の問題だけではなくて、この様にいろんな問題につながっている事もあります。その場合には、排水処理をきちんと行う事で、他の問題についても連鎖的に解決できるという事も可能かもしれません。

グリストラップなどの用途がある散気管の選び方

圧縮空気を気泡にする装置である散気管は、グリストラップに用いることができるなど仕様に違いがあるので、用途に合わせた選択を行う必要性があって、超微細気泡型や微細気泡型、粗気泡型なども区別して使用したほうが適切な効果が得られる可能性が高まります。

散気管の空孔径を意識するだけでなく、接続用継手・散気管受けなどにも配慮して選ばないと上手く接続できない可能性がありますから注意すべきです。L型やT型、筒のみなどの形状があることも把握しておけば効率が良い設置ができます。メーカーにより機能性に違いがありますし、耐久性や劣化の速度なども比較して選ぶと良いです。

散気管の酸素溶解効率の現状について

散気管の酸素溶解効率にこだわりたい場合には、複数の人気の高い製品の使い道をしっかりと理解することがおすすめです。現在のところ、利便性の高い製品を専門的に取り扱っているメーカーが増えてきており、少しでも迷っていることがあれば、積極的に情報収集をすることが良いでしょう。

また、散気管の正しい使い方についてわからないことがある場合には、同じような立場の人からアドバイスを受けることがコツです。その他、ニーズの高い散気管の酸素溶解効率のメリットやデメリットを見極めることで、いざという時にも落ち着いて対応をすることができます。

散気装置は散気管とも呼びます

世界中にある上・下水処理施設や廃棄物処理施設などの幅広い分野で散気装置が使用されています。日本で散気管を取り扱うメーカーでは、「マイクロバブルより細かい粒を実現」とか「目詰りしにくい」をアピールしています。

実際はアピールした通りの効果が得られなかったり、定期的な交換やメンテナンスが必要な物が多いです。大手の散気管メーカーだと独自の技術を応用しています。さらに、空気と水を強力に混ぜて微細なバブルを作り出すミキシング機能が追加されていたりと他社にはない豪華さがあります。

散気装置の導入を考えているなら、誇大広告に騙されず信頼性や安心感があるメーカーと取引するようにしましょう。

散気管の中でもファインバブルとは一体どんなものか

液体中にガスを放出する管のことを散気管と言います。散気管の中でもファインバブルとは、世界最高レベルの酸素溶解効率52%を実現したマイクロバブル超高性能散気管になります。

メリットは季節的な高負荷時にだけ、散気能力を高めて対応すること、とにかく酸素溶解効率を極限まで高めて省エネ・省電力を極めることが可能であること、素堀りの池などで、通常の散気管設置工事が困難な場合にも設置工事が不要なため使用できることなどがあります。マイクロバブルクラスの超微細気泡により気液接触面積が抜群に多くキープできるため、酸素溶解効率が極めて高いことが一番の特徴となります。

省エネにこだわった散気管とは

散気管とは液体中のガスを噴出する管であり、浄化槽などで主に使用されます。その散気管にかかる費用を安く抑えたいという希望を持った人が省エネに配慮された管を選んでいます。

その中で注目されているのは塩微菅という自由な長さで高性能の菅です。これを使用すると表面のメンブレン交換だけに対応しており、低コストで散気管を使用することができます。

またこれにメンブレン微細気泡ホースである、ホースフレックスを被せて両端をホースバンドで留めることで超微細気泡散気管というものに低コストで変えることができ、省エネにこだわった菅になります。

散気管についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ