耐摩耗・RPF・破砕機刃物・藻場再生・スクラバー・公園施設・散気管ってなんだろ?

TOP > 酸性土壌の緑化 > 酸性土壌の緑化で環境に配慮

酸性土壌の緑化で環境に配慮

山の中の高速道路を走っていると、部分的に木がない場所を見かける事もあります。その様な箇所に緑化を行う事で、環境に配慮する事ができます。

状況にもよりますが、過度な酸性が植物の生息を妨げている事もあります。

酸性土壌の緑化で問題は解決できるでしょう。酸性土壌の緑化ができれば、その場所に動物もやってきます。

もし酸性土壌の緑化ができて、木が生い茂っていると、時として山の土砂崩れを防止してくれる事もあるそうです。

二酸化炭素の軽減にも役立ちます。酸性土壌の緑化は自然環境にとっていいだけではなく、人にもたくさんの恵みをもたらしてくれます。

たくさんの場所で酸性土壌の緑化を成功させたいですね。

酸性土壌の緑化に効果的なサンダーグリーン工法

一般に植物は弱酸性~アルカリ性の土壌で育ちます。酸性だと植物は育成できません。この酸性土壌の緑化する方法にサンダーグリーン工法があります。

これは中和作用のあるサンダーパウダーと植物の育成を助ける菌を含んでいるサンダーbioを使用するものです。

また土壌の条件によってはどちらか一方を使う場合もあります。サンダーパウダーは保水性、保肥性、持続性に優れた理想的な中和剤です。

サンダーbioは微生物を含んでいる微生物資材で酸性土壌で植物の育成を助けます。この2つの資材で酸性土壌を改善し、土壌を緑化するとても優れた工法です。

気にしたい酸性土壌の緑化

日本の土壌について問題になっているのが、土壌が酸性化していることです。主には酸性雨などが原因となり、土が酸性に傾いてしまっていて、植物が育ちにくいような環境になってしまっています。

家庭のガーデニングがうまくいってないようであれば、もしかしたら、この酸性化してしまっていることが原因かも知れません。

それであれば、ガーデニンググッツを販売しているお店で土壌改良剤などを購入し、酸性土壌の緑化をすることができます。

そのようなアイテムを取り入れておこなってみることをお勧めします。ガーデニングが再開できると良いですね。

酸性土壌の緑化と藻場再生についての記事

酸性土壌をアルカリ性に変えるための酸性土壌の緑化

酸性土壌は、現時点で酸性の薬品などが原因となり、土壌が酸性に変化しているものです。

酸性土壌の緑化を進めるためには、酸性土壌をアルカリ性に変えなければなりません。

アルカリ性は、本来の土壌が持っている性質で、余計な薬品が流れ出ない限り、酸性に変化するのは少ないのです。

ところが酸性雨などの影響もあり、海外では酸性土壌の緑化を進めるために、土壌の改良からスタートさせなければならないのです。

アルカリ性に持っていくためには、アルカリの成分を持っている土壌を入れることからスタートして、周囲の酸性土壌を中和していく方法を取ります。

土壌を改善するにあたっての酸性土壌の緑化

畑をやるような場合には土壌を改良するところから始まりますが、その一つとして酸性化されていれば、植物が育ちやすい土壌に変えなければいけません。

工業地帯が増えるようになり、酸性雨が降るようになりました。

その酸性雨を多く受けていると、土壌は酸性に傾いてしまいますので、そのことを十分に配慮した上で取り組まなければいけません。

改善するにあたっては、専用のシートを敷くだけで改善できるアイテムもありますので、そのような手軽にできるものを取り入れつつおこなってみるのが一番でしょう。酸性土壌の緑化が実現されると良いですね。

メニュー

TOP 破砕機刃物 電子顕微鏡 マイクロスコープ マイクロスコープ メーカー スクラバー スクラバー 工場 散気管 酸性土壌の緑化 酸性土壌 藻場再生 公園施設

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・遊具・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・遊具・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ