耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

強烈なニオイに対応するスクラバー

ちょっとしたニオイはもちろんですが、スクラバーというのは強烈なニオイにも対応してくれます。時には気分が悪くなったりする事もあると思いますので、これを解決してくれるのはうれしいですね。

周辺の住宅に配慮してスクラバーを設置する事は多いと思いますが、スクラバーを設置する事は、工場内で働く社員にとっても気持ちよく仕事をする事ができると思います。

クレームなどはないが、ニオイが気になるので念のためスクラバーを設置しておきたいというのもいいと思います。ニオイについてはちょっとでも、人によってはかなり気になるという事もあるかと思いますので、スクラバーがあると気になる事もありません。

スクラバーにある煙道ガス

スクラバーは、洗浄集塵システムのことで洗浄塔とも呼ばれます。煙道は大気中に排出するための燃焼ガスとして使われることが多く、パイプやチャンネルからなっているものでボイラーやオーブン等からガスを排出するものです。

何を燃やしたかによって排ガスの内容は変わってきて、普通は窒素、二酸化炭素等からなっています。スクラバーで使われている煙道ガスはアルカリスラリーと接触します。スラリーとはスライムとも呼ばれ鉱物や汚物が混ざった混合物のことです。その熱はスラリーの水滴をすべて蒸発するのに用いられます。飽和に達していないものはスクラバーから排出されます。

特注のスクラバー

既製品のスクラバーでは対応できないという事があれば、メーカーに相談することによって特注のスクラバーを注文できる事もあります。こんなスクラバーがいいという物に仕上げてもらえるかどうかという事は、相談してみないと分かりません。特注のスクラバーは自社の状況に応じて作成してもらう事ができますので、とにかくピッタリの物に仕上げる事ができます。

特注のスクラバーは既製品に比べると、設計などが必要となりますのでコストが高くなる事が予想されます。特注する場合には、どの部分をどの様にしてほしいのかという事を明確に伝える様にしましょう。機械が設置されると、業務が順調に進む事でしょう。

有害ガスを中和処理するスクラバーについて

スクラバーとは別名で洗浄塔システムとも呼ばれている、排ガスを中和・洗浄処理する装置のことです。このスクラバーには湿式や乾式などの種類があり、用途によって使い分けられています。

湿式型の装置では空気中や煙道ガスのなかに含まれてしまった有害ガスを、水や中和剤などの洗浄液によって中和・洗浄し、元の大気へと還元します。

乾式型の装置では吸収剤などを注入することによって、有害ガスを中和・無害化することにより、地球環境へと還元します。これらの他にも吸収塔や水銀除去装置なども存在し、より専門的な処理に用いられています。

スクラバーはどのような所に設置されているの?

スクラバーは有害な物質を含んだガスや、煙をその仕組みによって排除して外に出すための機械ですが、一体どのような所に設置されているのでしょうか?

まず一番多いのは化学メーカーの工場です。化学系のメーカーでは様々な物質を使っていますし、多くの有害物質を取り扱っています。また理系の大学などでも研究の内容によっては、スクラバーが設置されているような研究室もあるようです。

量は企業ほど多くないにしても、有害物質は外に排出されているのは事実です。大学でも環境を大切にしようとする取り組みが積極的に行われているので、スクラバーが設置されている大学が増えてきています。

メリットの多いスクラバーの利用

排ガス処理装置として広く知られるようになったスクラバーは、化学工場で行われる実験や製造段階で発生する有害なガスへの対処として数多く活用されています。

有害なガスは水や薬液などによって洗浄され、綺麗な空気になった状態で再び大気中へ放出される仕組みとなっています。また目的によってはスクラバー装置の仕組みが少しずつ異なり、あらゆる設置環境に対応できるよう工夫されています。

また重量や大きさにも違いが見られるため、どんな場所にも設置できる装置であることがスクラバーのメリットでもあります。環境対策はもちろん、人の健康を維持するためにも重要なものです。

スクラバーについての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ