耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

スクラバーの仕組みとは

スクラバーは工場などの排気に含まれるチリや有害ガスを取り除く装置です。洗浄塔とも呼ばれるように、スクラバーは縦に長い筒状の大きな装置で、塔の内部にアルカリ性または酸性の洗浄液を噴出させて、排気中の汚染物質を中和し除去する「湿式」という仕組みと、活性炭などの吸着剤や高性能のフィルターに排気を通過させることで、悪臭の原因となる有害物質を吸着させる「乾式」という仕組みがあります。

いずれの場合も定期的なメンテナンスが必要です。管理状態の悪いスクラバーは大気汚染の原因となるだけでなく、近隣住民へ健康被害を起こす可能性もありますので注意しなければなりません。

高性能のスクラバーを選ぼう

高性能のスクラバーの取り扱い方法については、今や多くの日本人からの注目が集まっており、複数の製品の特徴をじっくりと理解することが求められます。最近では、企業内に導入されているスクラバーの使い勝手の良さに関しては、数々のカタログやパンフレットなどに掲載されることがあるため、空き時間を利用しながら、便利な情報を仕入れることがおすすめです。

また、いくつかのスクラバーの修理の方法をきちんと理解することが欠かせないテーマとして挙げられます。その他、まずは人気商品の購入価格の相場をチェックすることが肝心です。

使用用途を確認したいスクラバー

臭気を処理してほしいという大きな目的はスクラバーを導入したいすべての人に共通していたとしても、細かい使用用途は人によって異なる場合もあると考えられます。スクラバーは臭気の種類で選ぶべき機械は違います。

スクラバーだけを見ていても、効果的であるかどうかという事は分からない事もあります。スクラバーをホームページで確認すると、一覧表が掲載されている事もあり、臭気とスクラバーの種類をそれぞれ把握できる様になっている事もあります。問い合わせをしなくても、一覧表があれば、どれがふさわしいのかという事を知る事ができます。ホームページには、導入の際に重要だと思われる情報が充実しています。

スクラバーまたは洗浄塔と呼ばれるシステムの種類

化学工場などで燃焼を伴う加工を行う時、排気ガスとして二酸化炭素や有毒ガスを排出することがあります。それらが大気汚染の原因になり、過去には数々の公害問題に発展したことは周知の事実です。

スクラバーはそのような有害ガスによる大気汚染の防止装置として、工場などでは欠かせないものとなっています。洗浄塔システムと呼ばれることもあり、その方式にはいくつかの種類があります。

最も一般的なのが湿式洗浄塔で、ガスや空気から汚染物質を取り除くのに有効です。その他のスクラバーでは燃焼源から酸性ガスを取り除く乾式や、吸収剤を使用する吸収塔があります。

積極的に取り入れられるスクラバー

化学工場や化学実験施設などでは、大量の有害ガスが発生することも多く、環境問題などへの対策が重要とされています。二酸化炭素の削減や大気汚染を防止するため、排ガス処理の装置として広く取り入れられているものがスクラバーです。

排ガス処理ができるスクラバーにより汚染されたガスや空気が集められ、水や薬剤などを用いて洗浄された後、再び大気中に放出されます。綺麗な空気を保つことができる事はもちろん、新たな環境問題対策に有効な製品としてもスクラバーに注目が集まっています。また形状や仕組みに関しても、設置環境や目的に沿った製品が開発されており、さらに多様化しています。

スクラバーが届いたら動作確認を

発注していたスクラバーが届きましたら、そのまま検収をあげてしまうのではなく、きちんと作動するのかどうかを確認することが大切です。

特に機械系は搬入されたが、使用してみたら動かなかったということが割と多いと言われています。そのためにも実際にスクラバーが届いたら、業者に立ち会ってもらい、きちんと作動するのかを確認しましょう。

何カ月後に「やはり動かなかった」と言っても説得力にかけてしまいます。「使用している間に壊したのでは?」と疑われてしまう可能性がないとも言えません。そういったことを避けるためにもスクラバーが納品されたらすぐに、できればその日の内に確認できるといいでしょう。

スクラバーについての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ