耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

散気管で職場環境をよくする

職場環境をよくするという目的で散気管を設置する事もあるみたいですね。工場であれば、社員が仕事をする場所となり、その場所に顧客が来る事はあまりないかと思います。しかし、飲食店などにおいては、散気管を設置して職場環境を良くする事は、顧客にとって快適な環境を提供する事につながるかもしれませんね。

工場の場合でも、大切な社員はもちろんですが、すぐ近くに家があれば、散気管を設置する事で、快適に生活する事ができる様になる事も考えられます。散気管の設置は、ちょっとした事かもしれませんが、後に大きな影響が出てくるかもしれませんね。散気管などで、長く工場を稼働させ続ける事ができる様にしたいですね。

空気を循環させる散気管について

散気管とは小型から大型の水槽に取り付ける装置であり、微細な気泡とした空気によって水を浄化、循環する働きを持っています。この散気管にはアクアブラスターやホースフレックスなどといった数々の種類が存在し、それぞれの水槽の大きさや形状などによって使い分けられています。

また開発も進んでおり、ホースフレックスなどは従来よりも安価に購入できるため、個人の水槽で使用することもできます。これらの散気管の形状は主にチューブタイプとディスクタイプに分けられています。チューブタイプでは長さを調節でき、ディスクタイプでは大容量の空気を循環させることができるようになっています。

水中で微細な気泡生成ができる散気管

散気管はディヒューザーとも言い、空気を圧縮して気泡にする装置です。浄化槽や一般家庭で飼育されている熱帯魚の水槽で水中に設置する物、廃棄物処理場や下水処理施設などの業者向けの物など幅広い分野で活用されています。

下水処理施設で採用されている散気管は、微細な気泡を水中で発生させることができ、汚水が逆流するのを防止して固形物が原因による詰まりを無くします。さらに、目詰まりしないように間欠運転が可能です。現在は、新しい散気管が次々と登場しており、気泡の細かさを謳ったたり年間コストを急激に減少させられる物まであります。

散気管と環境保護の関係性

散気管は、水処理に使われるものです。水処理をきちんとすることは、きれいな環境を保つうえで必要不可欠であるため、散気管は環境保全に役立つ関係にあるといえます。

製品はいろいろなメーカーから出されていますが、どれもその目的は同じです。堆積物を造らないように攪拌するのが目的です。それによって、酸素が十分に行き渡り、微生物による分解が速く行われやすくなるなど、散気管の効果を見込むことができます。

散気管は定期的にメンテナンスをしないといけませんが、目詰まりしにくい製品などが登場していて、その場合はメンテナンス頻度は少なくて済みます。

散気管においてのファインバブルとは

液体中にガスを放出している管の事を散気管と呼んでいます。

その中でもファインバブルとは、世界の最高レベルにおいて酸素溶解効率52パーセントを実現しているマイクロバブルの超高性能な散気管になります。

メリットは季節的な高負荷時に際にだけ散気の能力を高め対応してくれることや、酸素溶解の効率を極限ギリギリまで高めて、省エネや省電力を極めていく事が可能になり、素堀りした池などで、散気管の設置工事が難しかった場合にも、設置工事が不要で使用可能なことなどが挙げられます。マイクロバブルクラスの超微細の気泡によって気液の接触面積が非常に多く、キープ可能なため、酸素の溶解効率が非常に高いことが最も特徴と言えます。

散気管と汚泥の削減の関係性について

散気管の役割は汚れた水を清潔にする為に、役立てられるとして考えられます。使用されている水質を浄化するのに、排水によって汚泥を除去するコストにおいて大幅に下げる事が挙げられます。

この様な散気管を設置するのには、環境に対しても前向きな気持ちで対応しているのを対外的に示していく事にも大きくつながっていて、企業のイメージを良い方向に進めていく事にも役立っています。汚泥を除去していくための金額も無視できないものになるケースが多くある為、長い目でみたコストを削減していくために役に立つ仕組みを保有しているという特徴にも繋がってきます。

散気管についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ