耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

処理能力に注目したい散気管

これから散気管の取り付けを行うのであれば、ぜひ処理能力について考えてみてはいかがでしょうか。

同じ散気管を設置しようと考えているのであれば、少しでも処理能力が高い物を選択したいと思う方が多いのではないでしょうか。排水がどのくらい発生するかという事においても、選ぶべき散気管というのは違ってくる事もあるかもしれません。

もし、大規模な工場などであれば、当然設置する散気管の規模も大きな物が必要になってくると思われます。業務の際に手を止めて、仕事を中断する事が多いというのは困ると思いますので、散気管を導入するならその前にいろんな事を考えておきたいものです。昔の物に比べると、最近の物の方が良くなっている事が多いので、改めてメーカーに確認してみるのもよいかもしれません。

神戸市にある湿式散気管販売店

神戸市にある「株式会社アイエンス」では、湿式散気管「アクアブラスター」を販売しています。この商品は、内部突起に空気を激しく衝突させることで、微細気泡が発生し、高負荷の排水や循環水中の溶存酸素濃度を高めてくれます。

これにより、微生物の好気呼吸をサポートし、代謝及び生物分解能力を最大限に引き上げてくれるのが特徴です。また、電気代や水道代を大幅削減することができ、非常に経済的なので、幅広い分野で活躍しています。経営者の方々は、この高性能の湿式散気管を購入して、効率的な経営を行ってみてはいかがでしょうか。

バイオテックな散気管!

バイオテックな散気管なら高性能でありながら低価格を実現できます。ポリプロピレン製をベースとして、世界各地から最強製品を網羅した散気管で、処理の省エネとコスト削減に最適なものとなっています。

ドイツ生まれの耐食性抜群のPP製となって寿命が長く高性能でありながらも超低価格を誇る微細気泡散気管のパイプレックスは、Envirovision株式会社で扱っており、環境の再生と創造で地球にやさしいエコ技術として業界NO.1のラインナップを提供されていますので、興味のある方は公式サイトのフォームから問い合わせ下さい。

散気管による曝気の作用

浄化槽は、いくつかの分かれた槽が一体となって構成されています。散気管とは、浄化槽内部に設置されている汚水を浄化させる装置のひとつで、ブロワーと呼ばれる空気を送り出すエアーポンプと接続されています。

浄化槽内に溜まった汚水を散気管から出る泡により、強制的に攪拌させることを曝気と言い、この工程が行われる槽を曝気槽と言います。浄化槽内に流入してきた固形物はある程度細かく粉砕されます。さらに空気により活動が活発になる微生物が住んでいるため、その微生物が細かくなった固形物をさらに分解し、水がきれいになる仕組みとなっています。

散気管の利用目的について

散気管の主な用途として、グリストラップや浄化槽、排水処理、洗浄の曝気の性能向上などが挙げられます。空気や酸素、オゾンなどへの配慮が含まれた装置であり、洗浄や排水、汚水処理の面で重要となります。

環境汚染が叫ばれている現代社会の生活においても欠かせないものであり、様々な特徴を兼ね揃えられた散気管設備としての開発が進められています。槽のサイズに合わせて自由に設計でき、最適なレイアウトが可能となる他、特注サイズのオリジナル装置での使用も可能です。

ビル地下ピットの硫化水素対策や、メッキ工場の散気などにも散気管が活用されています。

省エネにこだわりがある散気管とは

散気管は、液体中のガスを流す管のことをいい、浄化槽などで特に使用されています。

その散気管にかかっている費用をいかに安く抑えたいと言う希望を持っている人が、省エネに配慮されている管を選択しています。その中でも注目が集まっているのが塩微菅という自由な長さで使用できる高性能の菅のことです。

これを使用してみると表面上のメンブレンの交換だけに対応されていて、低いコストで菅を使用することが可能となります。又、これにメンブレンの微細気泡ホースになるホースフレックスを合わせて、両端をホースバンドなどで留める事によって超微細の気泡散気管というものになり、低コストで抑えることができます。

散気管についての記事


スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ