耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

厨房で活躍する散気管

飲食店などの厨房においては大量に水を使いますので、その分排水も多くなる事が予想されます。散気管を設置する事によって、排水をしっかりと処理する事ができるでしょう。散気管を配置する事は、環境にも配慮する事ができますので、一石二鳥と言えるかもしれませんね。

お手入れするのが楽な散気管もある様です。散気管で排水を楽にきれいにする事ができるというのはうれしいですね。きっと散気管は厨房で大活躍する事間違いないでしょう。

また、衛生管理に気を遣っている飲食店はたくさんあると思いますが、きっと管理が楽になるかと思います。まだ設置できていない企業については、早期の導入を考えてはどうでしょう。

散気管を設置することによる微生物への効果

散気管は空気を内部突起などに激しく衝突させて微細な気泡を作り出し、それによって浄水や汚泥、水質強化、製品の洗浄などに使用できる装置です。微細気泡の発生は、排水や循環水などの溶存酸素濃度を高めることができるため、これによって微生物の活動を活発化させる働きが生まれます。

実際に浄化槽などの槽内に散気管が存在する方が微生物による分解能力もアップし、それによって水の浄化が実現できるなどのメリットもあります。主な使途には貯水槽を始め、浄水施設、廃水処理施設、洗浄処理施設などに行うことが可能で、散気管を用いるのは工場などの産業施設で用いられることが多いです。

散気管と悪臭防止との関係

悪臭の原因の一つとして散気管の汚れがあります。また、散気管の汚れはエネルギー効率にも関係する場合がありますので、必要に応じてメンテナンスを行うと良いでしょう。

散気管のメンテナンス方法の一例としては、クリーニング作業の実施や取り替え作業があります。自分でクリーニング作業を行うのが不安な場合には業者に依頼する方法があります。業者によって手入れ方法や料金など異なりますので、事前に問い合わせてから申し込むと安心です。

汚れが酷い場合や散気管の劣化が悪臭の原因となっている場合には、取り替えが必要なケースもありますので、取り替えに対応している業者を選んで問い合わせると良いでしょう。

エアレーションの効果は散気管の性能で決まります

散気管の目的は様々ですが、基本的には液体の中にガスを噴出することで液体にガスを溶け込ませたり、ガスの力を利用して不純物を融合させ取り除くなどの用途に使用されています。

その中でも生物の水槽などに酸素を送り込み、生息しやすくすることをエアレーションと言い、現代の社会では非常に重要なものとなっています。エアレーションは単に酸素を送り込めば良いというものではなく、水に溶けやすい速度や大きさを想定して行う必要があります。その為、排出される酸素の粒子の大きさや速度などが重要な意味を持ち、散気管の性能に依存するところが大きいのです。

散気管の用途とは

散気管は水をきれいにしてくれるばかりでなく、詰りにくくしてくれるものでもあります。その用途は身近なものでは水槽に使用したエアレターがあり、業務用の厨房設備にもの水をきれいにするために使われています。

また浄化槽等の下水処理や産業廃棄物活性汚泥処理用にも採用されています。パイプにメッシュを取り付けたものが一般的な散気管の構造で、穴が多いので目詰まりがしやすいため、定期的に掃除やメンテナンスを行う必要があります。

散気管は水をきれいにするものとして、私たちが生活していくうえでなくてはならない大事なものです。

散気管とは一体どのようなものなのか?

散気管という単語を聞いたことがあるでしょうか?
通常暮らしていても中々耳にする機会はないような単語です。

散気管は液体の中にガスを出すための管のことで、一般人がよく使用するものとしては魚などを入れておき水槽の中に入っているエアレーターと呼ばれるものがあります。管にメッシュがついているものがよく見られるもので、排出部分に細かな分子も吸収することができるようなメッシュが張り付いているものもあります。

主な散気管の使い道としては化学メーカーで開発や製造する時に使用されたり、浄化槽にて使用されています。水槽以外の所で見かけることはあまりない部品の一つです。

散気管についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ