耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機などの専門用語を解説!

当サイトは耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機についての情報サイトです。

名前から連想できるのは、破砕機くらいではないでしょうか。耐摩耗など考えても思い浮かばない単語ですし、何に使うものかもさっぱりわからないですよね。それも当然です。

それぞれのキーワードについてはあまり知られていないことの方が多いです。

現在、多くの商品が手作りではなく、工場で大量生産されているので安定した価格で商品を購入することができます。

そうした工場では、機械がフル活動し企業によっては交代制で24時間動いているところもあります。そんな工場で私たちの生活のために働いてくれているのが、機械です。

幅広い分野で耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機が使われています。

ものづくりには欠かせないさまざまな技術や材料を当サイトを使って知ってみて下さい。

機械には、耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機など様々な部品や技術がつぎこまれ、年々さらに進化しています。部品の技術や役割を知ると、普段なにげなく使っている物に尊敬してしまうかもしれませんね。少しマニアックですが、興味のある部品マニアの方必見です。

部品のデザインは、無駄がなくてすっきりして完璧ですよね。

スクラバーが除去する物質について

スクラバーとは大気汚染を防止する装置の中の一つで、別名洗浄塔システムとも呼ばれています。

スクラバーが除去する物質にはさまざまなものがあります。主なものには、さまざまな実験や化学分析、化学工場、製造工場の工程から排出される有毒ガスや微粒子などがあげられます。これらを洗浄やろ過によって除去処理し、ガス状の汚染物質が大気中に排出されるのを抑える役割を果たす重要な機器として、さまざまな分野で広く使われています。

スクラバーには湿式、乾式、燃焼式などの種類があり、それぞれの持つ特性によって使われている場所が違います。

実際は種類が豊富なスクラバー

どんなスクラバーがあるのかという点については、馴染みがあまりない物ですので、知らないという人もきっと少なくないでしょう。

スクラバーは個人で購入するという事はあまりなく、どちらかといえば飲食店や工場など法人が購入する事が多いかと思います。汚れた空気をきれいにしてくれるスクラバーと呼ばれるマシンですが、浄化の方法が複数あります。

たとえば、吸着法や水を使った洗浄法などがあります。スクラバーを使用する目的によっては適さない場合などもありますので、まずどんな用途にスクラバーを使用したいのかという事を最初に明確にする必要があるでしょう。その上で、適当な物を選択する必要があります。

スクラバーとはどのような装置か

スクラバーは工場などで発生する排気に含まれる各種物質を液体に吸収させ、取り除く装置です。通常は筒の上部から液体を流し、下部から気体を吹き込み、筒の中で接触させ、気体に含まれている、各種のガスや粉じんを液体に取り込み、きれいな気体を大気中に放出します。

これは気液交流型と呼ばれます。気液の接触面積を増加させるため、筒の中にペレットのような充填物や、巻いた網などを設置するのが普通です。取り除くべきガスの種類が特定されているなら、流す液体の種類を変えることで、除去効率を上げます。筒の長さは時間当たりの気体の処理量により決まります。

スクラバーについての解説

あらゆる産業において、実験から化学分析、また化学工場の存在、製造工程などでは、酸やアルカリ薬品等が使用されます。同時に様々な有害ガスも発生するため、排風機でガスを集め、さらに、液滴や液膜、気泡などによって洗浄される際に使われるのが、温式スクラバーなどの排ガス洗浄装置です。

高濃度の酸性ガスや、アルカリ性ガスに対して、水洗浄や薬液中和吸収が可能であるため、多様に活用されています。また近年では、環境に関する取り組みが行われている企業や作業内容も多く存在しており、その重要性が問われています。現代人の生活環境を守る重要な役割を果たします。

スクラバーの形について

スクラバーというのは、化学実験室や工場などの作業中に発生する有毒ガスを、洗浄液などに吸着させて洗浄する装置のことです。一般的に知られているのが丸形タイプのもので、ポンプや送風機がセットになっており、洗浄塔本体に高さがあるのが特徴です。

一方、横形タイプのものはスクラバーを横形にして、本体、送風機、タンク、ポンプをまとめています。丸形タイプのものよりもコンパクトで、周囲の装置とも適合しやすくなっているのが特徴です。さらに小型タイプもあり、設置スペースが小さくなることで室内に設置したり、キャスターで移動させることを実現しています。

有害ガスを除去できるスクラバー

工場から排出される有害ガスや汚染水が出た影響で環境破壊につながってしまうことが世界的に問題視されています。大気汚染でのオゾン層の破壊や生態系の変化などがありますが、有害物質をきちんと除去できれば環境への影響はほとんどなくなるとみられています。

そこで登場したのがスクラバーという装置で、どんな機能があるのかというと、工場の製造過程で排出される有害ガスを吸収して装置内部での浄化できるという機能を持っています。装置のサイズも工場内に入るような比較的小さなものから、屋外にしか設置できないかなり大きなタイプまであるので、工場の規模に合わせて選ぶことをおすすめします。

スクラバーの大事な役割とは

世の中には有害な排気ガスを輩出する施設というものが数多くあります。製造工場や化学工場、化学実験施設などがこれらに当てはまります。こういった施設ではどうしても工程上有害ガスが生じることは仕方ありません。

そのような有害物質を中和するなどして大気に排出できるような状態にするのが別名洗浄塔とも呼ばれるスクラバーの役割です。この設備を通さず大気に排出してしまうと重大な公害などになりかねません。有害物質を除くものの他に、二酸化炭素の排出を抑えるものや悪臭を取り除くものもあります。スクラバーがなくては多くの工場などの施設が稼働することはできません。

見せない所で力を発揮する散気管

レストランなどの厨房において散気管という物は、メインの設備とは言えないと思います。むしろ脇役と言えるかもしれません。しかし、散気管がなくては仕事にならないほど大切な物の様です。散気管は見えない所で力を発揮しているみたいですね。

散気管というのは、厨房で出される排水をきれいに浄化してくれる機械の事を言います。散気管がない場合には、悪臭が広がったり、害虫が発生したりという良くない影響もあるみたいですね。

職場を清潔にしておく事は、飲食店にとって非常に重要な事であると考えられます。現在においては、すでにたくさんの飲食店において設置されています。安心して利用する事ができるお店作りを目指したいですね。

資料で散気管について詳しく知る

工場内に散気管を設置したいと考えるのであれば、散気管専門の会社のwebサイトを閲覧したりする事が多いでしょう。

しかし、散気管を取り入れるのは費用や設置場所などいろんな事を考慮しないといけません。そのため、散気管についてはwebサイトだけでなく、もっと詳細を知りたいという事もあるでしょう。

資料を別途用意していて、webサイトから請求する事で送付してもらえる場合もあります。資料を見ても散気管について不明点があれば、会社に直接確認をする様にしたいですね。

長く使用する事ができる物ですので、問題なく使用できる物を設置したいですね。後になって不便な事などが出てこない様にしたいですね。

散気管とは

散気管とは、圧縮した空気を気泡にする装置のパーツの1つとされています。

散気管は水中の酸素の供給や槽内撹拌を目的に使用されるものです。汚水処理場などの浄化に使用されています。汚水を浄化するには、有機物を除去する必要があります。そのためには、バクテリアや微生物などの活性汚泥と汚水を接触させなければなりません。

しかしそのまま入れるだけでは対流しないので、散気管からガス(空気)を送り込むことで、水中のバクテリアや微生物と流入する汚水とを混ぜ合わせ、汚れの元である有機物を分解し水を浄化することができます。

公園施設、人気はやはり?

昔は、公園に行くと、滑り台、ブランコ、ジャングルジム、砂場など個々の遊具がバラバラに散らばっていました。最近の公園施設は、一つの遊具が大きく、その中に滑り台、ウンテイなどの機能を備えたものが多く見られます。

一つの遊具で異年齢の子供が、各々に遊びます。木だけでできた滑り台、ブランコなどの遊具もあります。木なので、温かみもあり使えば使うほどいい色に変化します。雨の日でも夏の暑い日でも、天候を気にせず過ごせる屋内型の施設もあります。ボールプール、空気が入ってふわふわした滑り台など、安全性にも配慮しています。学校の夏休みは特に、子供たちでごった返すほどです。

砂漠緑化をするためには

最近では砂漠が増えてきており、どんどん地球上から緑が少なくなってきていると言われています。ではそれを防ぐためにどういった砂漠緑化活動が行われているのでしょうか?よく見かけるのは砂漠に木や草を植えて緑を増やしていくという作業です。

何年もの月日をかけて確実に緑を増やしていく作業です。こちらを主に行っている団体もあり、沢山の人が一度はやったことがあると思います。しかしこちらのデメリットは即効性がないということです。木が完全に育つまでには何十年もの月日がかかります。そのためこちらと平行して新しい取り組みが進められています。

マイクロスコープを海外に出す時の梱包について

マイクロスコープなどの日本の精密機械は海外よりも優れているとされており、発注を受けることも多いと思います。しかし不安なのがきちんと壊れずに海外のお客さんの所まで運んでくれるのかというところですよね。まずは梱包するための素材を選ぶ必要があります。

特に中国系に関しては生木の使用が禁止されており、木枠での梱包ができません。(もし生木を使用してしまうと、梱包材全て燃やされてしまうこともある)ですので一般的なのは燻蒸されている木をケース場にしてその中に入れてしまうことです。燻蒸されているものにはきちんとマークがついているはずですので最後に確認をしましょう。

マイクロスコープについてはここ。

専門情報のご紹介

製品のチェックに使われるマイクロスコープ
強烈なニオイに対応するスクラバー
厨房で活躍する散気管
公園施設に水上アスレチックという遊具
水災害で必要になる藻場再生

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ