耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

スクラバーの用途について

飲食店などに設置されているスクラバーを見かける事が多いと思いますが、その用途は幅が広いのが特徴です。スクラバーの用途としては、飲食店や食品を扱う工場だけで使用されているのではありません。スクラバーの用途としては、多種多様な工場にて使用されています。

スクラバーの用途としては、インクを扱う様な塗装工場などにおいても使用されている事が多いみたいですね。スクラバーの用途について詳しく見てみると、その幅広さに驚く事もあるかもしれませんね。

これからは臭いの事でどうすればいいかと頭を抱える必要もないかもしれませんね。もし、悩んでいる人がいれば導入する事を早速おすすめしたいですね。

スクラバーの有毒成分除去プロセス

「スクラバー」とは、有毒ガスを含む排気ガスを排出する設備において、吸収液などを使用してその有毒成分を除去する装置のことをいいます。スクラバーの有毒物質除去プロセスには様々な種類がありますが、一番よく使われているのが「湿式スクラバー」といわれるもので、吸収液の液滴や液膜に有毒物質を捕集して分離する方法です。

このような装置には、縦型と水平型との2種類あるのが一般的で、それぞれに長所と短所があります。除去したい有害物質の種類や量、設置スペースの大きさなどによって、充填物の中身や装置の種類も変わってきます。

スクラバーは重要であり酸性雨などを予防

大きな工場などはしっかりとしたスクラバーを取り付けておくことが、環境対策としてとても重要となります。企業としては、環境問題への取り組み方が問われる部分でもあるので、適切なメンテナンスや機能改善はとても重要になってきます。

多くの企業がしっかりとしたスクラバーを取り付けていなければ、有害は排ガスが大量に大気に排出されることになり、酸性雨などの環境問題が発生してしまうこともあります。国や自治体はきちんとした基準を定め、基準が守られているかを監視するとともに、排ガスを排出する企業サイドもスクラバーの重要性を再認識しておくことが大切です。

煙道ガスの対処にはスクラバーを

スクラバーという装置を知っていますか。スクラバーというのは排気ガスなどを大気中に排出する際大気を汚さないようにするためのフィルターのような役割をする装置です。しかし、汚染ガスを綺麗にするのだけがこの装置の能力ではありません。高性能な装置の場合ほこりを捕まえることも可能になるのです。

暖炉やオーブンを使った際に放出される煙道ガスは以前ならばそのまま大気に排出されていました。しかし、環境問題が日に日に大きくなるにつれて大気をきれいに保つスクラバーの役割は非常に重要なものとなっていったのです。企業のイメージアップにもつながるのでぜひ利用しましょう。

社会貢献にも役立てられるスクラバー

大気汚染や二酸化炭素の排出を抑制させるために取り組まれている事柄として、スクラバーの設置が挙げられます。化学の分野において、あらゆる実験や工業製品の製造過程では、人間の身体に有害なガスが排出されたり、粒子が形成されたりします。

排ガスを適切に洗浄処理し、綺麗な空気として大気中に戻されるよう製造されているスクラバー装置によって、環境問題への対策も実現可能となります。

洗浄の仕組みや形状、重量なども様々なタイプのものに分かれており、設置環境や目的に応じて、より適したスクラバーを選択して正しく使用することで、更なる効果が期待できます。

スクラバーっていくらくらいで購入できるの?

スクラバーは一体いくらくらいで、専用業者から購入することができるのでしょうか?

どのタイプのスクラバーを購入するのかにもよって金額は異なってきますが、乾式のタイプで60万円、コンパクトの湿式タイプで70万円、最新の技術が駆使されているようなタイプは120万円程度が相場と言われています。

当然設備が大きくなればなるほどこの金額は大きくなっていきますし、スクラバーの設置費用などが別途請求される場合もありますので、基本的には相場よりも高くなることを見越しておいた方がいいかもしれません。高くなればその分質もよくなりますが、その機能が本当に自分たちに必要なのか、見極めることも大切です。

スクラバーについての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ