耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

藻場再生には食卓にあると嬉しい特定生物の除去から

調査によると沿岸域の豊かな藻場に磯焼けと言われる現象が起きていて海の森林と言われる藻場が消滅してかなり海の砂漠化が進行しつつあります。

藻場は比較的推進が浅く太陽の光が届きますので光合成が行われて必要な酸素が供給されますから水棲動物を育んでくれる大切なところです、ですが消失により魚介類がいなくなってしまい沿岸での漁獲高が激減しています。

藻場再生には食卓にあると嬉しい特定生物の除去から始めていますが、この生物も生態系が維持されていれば海藻を食べつくすことはなく外的な要因でバランスが狂っているからです。藻場再生に向けての取り組みが始まり成功事例が報告されています。

磯焼けになった地域での藻場再生

現在の日本の藻場では、磯焼けなどの現象によって、藻の生産に打撃を受けてしまっています。そしてそれら生産力の落ちてしまった藻場に対して、様々な方法によって藻場再生が試みられています。

その藻場再生の方法の一つとして、いわゆる磯掃除と呼ばれている、雑海藻の除去が挙げられます。この方法にはチェーン曳やチェーン振り、バックホウなどといった専用の機械類によって、藻場内の不要な海藻を掃除しているのです。それに加えて、生産するもととなる母藻を網などに入れて、藻場に投入することによって、落ちてしまった藻の生産力を向上させるわけです。

藻場再生の磯焼け対策の内容とは

藻場は、海面における海の森とも呼ばれていて、陸地を囲むように海中に生成されたいろいろな藻の群落や海草のことを呼びます。その藻場が高度成長期の沿岸の開発などの影響によって減少してしまい、生態系が狂ってしまう現象が発生しています。それを止めようといろいろな藻場再生の活動が実施され磯焼け対策がされています。

藻場現象の原因となるものに埋め立てや化学物質によっての流入、磯焼けなどが言われています。磯焼けは、海藻を食べているウニや魚が増え過ぎている事によって、藻場における食害を起こしてしまい、生態系のバランスを崩し藻場が砂漠になってしまうことを言います。

藻場再生の磯焼け対策の詳しい課題について

今現在、磯焼けなどに見られる現象の藻場においての衰退は、日本の全国各地で見られていて、主な原因として挙げられるのは温暖化による水温の上昇や、沿岸の地域の開発によっての植食性生物やウニ、魚などの急増である食害による物と言われています。

食害の現象によって、海藻にとってのゆりかごである藻場の生育を上回ってしまい、バランスが崩れてしまっている状態となってしまっています。磯焼け対策としての課題は、このバランスをとっていく必要が求められています。

この磯焼けの対策としては、藻場再生が必須となり海藻生産や、植食性生物における摂食のバランスを保っていく事です。

藻場再生と磯焼け対策とは

一度磯焼けの被害にあってしまい、昆布やワカメなどがゼロになってしまった状態の海でも、磯焼けの対策を実施することで藻場再生の実現をする事が可能となります。しかしながら、そこまでいくには長い長い道のりがあります。

磯焼けの対策は、悪化してから行なうのでは遅いケースもあり、できる限りすぐに取り組むことが大切です。そのようにすればほんの少しでも藻場再生が早く実現可能となるかも知れません。

いつか自然が豊かに戻り、最終的に段階では私達の生活においても、良くなる可能性もあるかも知れないと思います。藻場再生が実現されるその日まで、団結して頑張り磯焼け対策に取り組むことが課題です。

藻場再生の大きな意義

藻場は魚介類の棲みかです。天敵から身を守るために安心して過ごせ、産卵することもあります。地球温暖化による海水温の上昇、海岸のコンクリート埋め立て、ゴミの廃棄による汚染などにより藻場が減少しています。藻場が減少すると、藻場で暮らす魚介類が減少します。海の恩恵を存分に受けている日本人は大きな影響を受けるでしょう。藻場の減少や死滅している状況を打開するには藻場再生が有効です。

藻場再生のためのシートがあるので、それをテトラポットに敷く方法もあります。どのような方法であれ、一度きりの対策では効果は持続しません。長期的な視野に立ち、ケアをしていく必要があります。

漁師が藻場再生活動をおこなっている地域もあります。

酸性土壌の緑化と藻場再生についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ