耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

スキンスクラバーとは

エスティックサロンでのフェイシャルトリートメントのコースでよく見かけるスキンスクラバーとは、どのような施術でしょうか。さまざまな肌トラブルの原因となっている古い角質。

それを肌に負担をかけずに取り除くことができるのが、スキンスクラバーです。特徴としては、水と超音波の細かい振動で肌の汚れや余分な皮脂、古い角質を浮かび上がらせて落とすことです。

使用するのは水なので、敏感肌の方でも安心して施術を受けられます。しかも効果を感じやすく、他の施術と組み合わせれば相乗効果も狙えます。比較的安価な施術でもあるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

有害物質除去 スクラバーとドラフトチャンバーの役割

スクラバーは工場や研究施設の排気設備として使用される有害物質洗浄装置です。排気ガス中の有害物質と微粒子を中和液や活性炭等で洗浄濾過し完全に除去してから大気中に放出する機能を備えており、大気汚染防止や環境への配慮だけでなく作業を行う人間の健康も守っています。

扱われるのが化学薬品である以上危険性は最大限に考慮され、特に研究施設においてはドラフトチャンバー(ヒュームフード)と呼ばれるスクラバー機能付装置が活用されています。室内での有害物質拡散防止と人体保護の役割を担うと共に、快適で安全な作業環境維持に欠かせない設備です。

スクラバーは空気中のごみを除去する機械

「スクラバー」とは、大気汚染防止装置のひとつで、工場から出た汚染物質や気体中に含まれる微粒子を洗浄液で捕集して除去する装置のことを言います。湿式洗浄や乾式洗浄、気流を洗浄液にくぐらせる溜水式、洗浄液を微小液滴にして気流中に吹き付けるスプレー塔式などの方式があります。

また、洗浄塔、洗浄集塵器。洗浄集塵装置とも言われています。スクラバーの主な設置場所は、工場や工業地帯が主となっていますが、中国から運ばれてくる黄砂やPM2.5など、人間の体内に入り、呼吸器系などに害を及ぼす微細な粉塵を取り除くために活躍しています。

小型スクラバーのメリットについて

スクラバーとは大気汚染防止装置の一種で、化学工場や製造工程において発生する有害ガス等を排風機で集め、排ガス洗浄装置で綺麗にしてから大気に放出することを目的とします。 排気ガス中に含まれる有害物質や粒子を、洗浄やろ過などの工程を経て除去処理することで、大気汚染を防ぎ周辺の環境を守ることができます。

様々なタイプがあり、その中でも小型スクラバーは少ない排気量向けに製造されています。コンパクトな大きさから設置スペースが小さく済みます。室内に設置できるタイプや、移動できるようにキャスターが付いているものも存在します。

スクラバーを輸出するのに必要なもの

日本の機械は海外でも非常に評判が高く、わざわざ日本で購入して、そこから自社の海外へ出荷をするような企業も非常に多いです。スクラバーもそういった形で輸出されることもあるのですが、その際にはどのような書類が必要になってくるのでしょうか?

まずはインボイス、パッキングと呼ばれる書類です。こちらは何が入っているのか、いくらくらいのものを送付するのか、重量などを記載する書類です。スクラバーなどの製品を輸出する際には必ず必要になってきます。

これにスクラバーといった機械の場合には該非判定書というものが必要になってきます。こちらはこの機械が武器などに使用しませんよと証明するための書類で、最近では求められることが多くなってきています。

スクラバーを発注する時の注意点

スクラバーを発注する際には、ただメーカーや業者から提示される情報だけでなく自分が疑問に思った事は聞くようにしましょう。

スクラバーの種類によってサイズや、形状、備わっている設備が大きく異なってきます。自分たちが欲しい機能がついていない機械を購入しても全く意味がありませんし、またサイズも設置場所に入らないようなものを買ってしまっては大変です。事前にしっかりサイズをチェックすることも大切です。

メーカーや業者に依頼すれば、サイズを計測し、適したスクラバー装置の説明や、装置の設置まで行ってくれるところもあるので、そういったサービスに頼ってみてはいかがでしょうか。機械の発注はトラブルが起きやすいのでしっかりとした確認が必要です。

スクラバーについての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ