耐摩耗・RPF・破砕機刃物・減容機・スクラバー・マイクロスコープ・散気管ってなんだろ?

散気管について知る

食品を扱う工場や、工業製品を製造している会社の中には、散気管を必要としている事もあるかもしれませんね。散気管というのは、あまり詳しくないという人も多いかと思いますので、散気管についてもっといろんな事を知りたいという時には、資料に目を通すというだけではなくて、散気管を扱う会社を見学させてもらえる事もあるみたいです。

散気管を導入する前に、会社を訪れると教えてもらう事ができるだけではなく、安心して利用する事ができるのではないかと思います。ある程度の知識を身に付けておくと、導入する際や導入後も役に立つかもしれませんね。問題などが発生する事なく、自社内に取り付ける事ができればいいですね。

散気管とエアーポンプの取付口径の関連性

散気管は、浄化槽で汚水を浄化させるために、槽内の微生物に空気を行っている大切な装置です。散気管は外部にあるエアーポンプと接続されていますが、一般家庭の場合、エアーポンプの吐出し容量は40~80Lが主流となっています。散気管の取付口径は13Aか20Aとなり、エアーポンプの選択も変わってきます。

菅に対して小さなエアーポンプを取り付ければ、槽内部で十分な泡が発生しませんし、逆に大きすぎても微生物が対流に流されてしまい、ろ床に定着しません。施工ガイドを参考にしながら、適切な組み合わせをすることが大切です。

排水処理場で使用される散気管の役割

下水処理場などの排水処理場では、排水中や下水中の含まれている有機物を栄養分として成長する微生物の集合体である活性汚泥を利用したステップエアレーション法や酸素活性汚泥法、長時間エアレーション法、オキシデーションディッチ法などの浮遊生物処理法による排水処理が一般的に行われています。

その為、散気管は活性汚泥による下水中や排水中に含まれる有機物の酸化溶解効率を向上及び持続させる役割を担っており、散気管は超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどに気泡を微細化する為のメッシュ構造が主流となっています。

導入実績の確認により散気管導入の会社を選ぶ

会社を設立したばかりの時期には、散気管導入の際にどの会社を選べば良いのか迷ってしまいます。そのような場合には、依頼したい会社について、過去の導入実績を参考にすることが推奨されます。実際の導入事例に関しては、その会社のホームページに掲載されていることがあります。

長年、散気管を取り扱っている会社なら、様々なケースに対応していただくことが可能です。また、顧客から信頼されている会社の場合、メンテナンスがしっかりと行われるため、安心して散気管の導入に踏み切ることができます。

会社にとって設備投資は非常に重要なものとなりますので、コストに関係する点や依頼する会社が信頼に値するのかどうかという点について、慎重に検討することが大切です。

散気管の役割と有効性とは

散気管は別名散気装置とも呼ばれています。廃棄処理施設や下水処理施設でも利用されていて、工場などの排水処理対策として活用されています。

装置を稼働させることで、悪臭がなくなり害虫の発生も抑えることも可能です。散気管によってつくられる細かな気泡により、汚水がきれいになる装置で、浄化槽などにもとりつけられています。

またこの装置からでる気泡で、酸素濃度が高くなるため、微生物の活動が活発になりますから、浄化槽内での微生物の働きが加わり、浄化能力も高められるといった利点があります。ただ散気管は定期的なメンテナンスを怠っていると、装置から悪臭がしますので注意が必要です。

日本での散気管を取り扱っているメーカー

世界中にある下水処理の施設や、廃棄物の処理施設などの多くの分野で散気の装置が使われています。

日本での散気管を取り扱っているメーカーは、マイクロバブルよりも細かい粒を実現したり、目詰りしにくい事などをアピールされています。しかしながら必ずしもアピールした通りの効果がなかったり、メンテナンスや定期的な交換などが必要となってくる物が多いです。

大手メーカーの散気管だと独自の技術があり、それを応用されています。空気や水を強力に撹拌し、バブルを作り出しているミキシングの機能があったりと他のメーカーにはない仕様があります。

散気管についての記事

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化についてのお問い合わせはここ

スクラバー・マイクロスコープ・散気管・藻場再生・公園施設・酸性土壌の緑化の情報の今後増やしていきますが、参考程度にしてください。

ページトップ